ドコモのホームルーターはテレワークやオンライン授業に使えるのか?

お家のインターネットに関するお悩みは、人によって様々ですが、まぁ尽きることがありません。

  • 何を選べばよいの?
  • どこで契約すればよいの?
  • 引っ越しの手続きがわからない・・・
  • 自分で設定ができない・・・
  • ごちゃごちゃした配線をきれいにしたい。
  • 工事の予定がとれない。

などなど

ここでは、5つのタイプのインターネットに関する悩みを、ホームルーターで解決できるか検証していきます。

もし、あなたの悩みを解決するきっかけになるかもしれませんので、

ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

1人暮らしの引っ越し女子の悩み

最初は、春から念願の1人暮らしをする女性のインターネットに関するお悩みです。

引越し先も決まって、あとはお家のインターネットを決めるだけ。
でも、光回線とか、ポケットwifiとか、ケーブルテレビとか、なにが良いのかわからない・・・。
特に、女性の方であれば、次のように思う人も多いことでしょう。

1人暮らしの引っ越し女子の悩み
  • 自分で配線できないし、ごちゃごちゃするのもイヤ
  • 工事の人を部屋にいれるのはイヤ
  • かわいいお部屋にしたいから、ダサい機器を置きたくない

こんな悩みを持つ人には、ホームルーターがオススメです。

ホームルーターの特徴
  • コンセントをつなぐだけの簡単設置で余計な配線がない
  • 機器が配送されて自分で置くだけなので、工事がいらない
  • どこに置いても馴染むシンプルなデザイン

難しい手続きなしで、WEBから申し込むだけで、すぐにでも引越し先でインターネットを利用できます。

配線がないから1人で簡単に設置できる

ここでは、今一番人気のあるdocomoのホームルーター「home 5G」を例に説明します。

実際にホームルーターを購入すると、その付属品は、SIMカードと電源コードとLANケーブル1本の3つだけです。
※LAMケーブルは使わなくても大丈夫です。

設置手順はとても簡単。

  1. 本体底のフタを外して、SIMカードを挿入します。
  2. コンセントにつなぎます。
  3. スマホでdocomoオンラインショップから開通手続きをします。
  4. 数分経ってから、本体底にあるQRコードを読み取ります。

これだけで、家中どこにいてもwifiにつながってインターネットに接続できるようになります。

煩わしい配線作業をしなくても良いのは、忙しい引っ越し女子にはとても嬉しいことですよね。

工事が無いからすぐに使える

光回線やケーブルテレビのインターネットを契約すると、ほとんどの場合で工事が必要になります。

そうなると、工事日を調整して、当日も立ち会いをしなくてはなりません。
引っ越しシーズンには、工事のスケジュールがとれず、1ヶ月待ちなんてことも珍しくありません。
せっかくの新居に、知らない人をいれることには、誰だって抵抗があります。
作業員と二人きりになるのも、一人暮らしの女性にとっては大きな心配事にもなるでしょう。

だからこそ、WEBで申し込めば、2~3日で宅急便で届くホームルーターがオススメなのです。

余計な手間と心配事がなくなることで、お家にインターネット回線を用意するハードルがグッと低くなった気がしませんか?

ホームルーターには、ストレスなく引っ越しを終えることができるという大きなメリットもあるのです。

どんな部屋にも馴染む洗練されたデザイン

インターネット回線業者の設置する、モデムやルーターはどれも同じようにダサい黒くて四角い箱です。

その周りには長い配線がごちゃごちゃして、見た目が悪くてせっかくキレイに装飾したお部屋を台無しにしてしまうかもしれません。

しかも、工事で設置された機械は場所が固定されてしまうので、お部屋の模様替えもしにくくなります。

ホームルーターなら、片手で持てるサイズなので、コンセントを抜けばどこにでも移動できます。

男性の場合、これらインターネット機器の見た目を気にする人は少ないですが、せっかくの1人暮らしで、部屋の雰囲気にもこだわりたいという女性にとって、見た目がきれいなホームルーターは需要がとても髙いのではないでしょうか。

ホームルーターは、円柱に近い丸みをもった優しい雰囲気の、まるでスマートスピーカーのように洗練されたデザインです。

光回線にも負けない高品質な通信とわかりやすいプラン

これまで、1人暮らしの女性にとってホームルーターがオススメできる理由を説明してきましたが、実は、どんな人にもオススメしたいほど、高品質な通信が可能な優れものなんです。

ホームルーターには次のような特徴があります。

  • 5Gを利用した高速通信
  • データ使用量無制限 ※使い方によっては速度規制あり
  • 5Gだけでなく、4Gプラチナバンドも利用できるため安定した通信が可能
  • 解約違約金がない
  • 本体購入代と月額料金のみのシンプルな契約プラン

1度本体を購入してしまえば、登録住所を変えれば次の引越し先でも利用できるので、今後インターネットで悩むことがなくなるかもしれません。

同棲を始めるカップルのお悩み

1人暮らし女子の次は、これから同棲を始めるカップルのお悩みです。

同棲を始めるための引越し準備、家具や家電を選ぶのが楽しくて、インターネットの契約を忘れていませんか?

お家にインターネットがあれば、こんなメリットがあります。

  • それぞれのスマホ代が節約できる。
  • データ通信容量を気にせず二人で映画やゲームを楽しめる。
  • 便利なスマート家電が使える。
  • 在宅ワークがはかどって二人の時間が増える。

でも、お家に光回線を用意するのはちょっと面倒なんだよな・・・。


建物の制約があったり、手続きが大変だったり、モデムやルーターを買わないといけなかったり、せっかくの楽しい引っ越しに水を差すことになるかもしれません。そんな人にオススメしたいのがホームルーターなのです。

忙しくてインターネットの契約に使う時間がない

引っ越しには体力を使いますよね。
お互い忙しいのなら、些細なことがストレスになり、喧嘩に発展してしまうかもしれません。

そんな中で、お家にインターネットを契約するのは、さらに時間と手間がかかります。

例えば、光回線の場合、膨大なサービスの中から、自分たちに合ったキャッシュバックやキャンペーンを探し、複雑な手続きや書類のやりとりを交わした後に、工事の日程を決めるという流れになります。

申込みから工事完了まで、2週間~ひと月ほどかかるのが一般的なので、とても大変です。

ホームルーターなら、面倒な手続きはありません。

  1. WEBから申し込み
  2. 書類が届く
  3. 書類に必要事項を記入し送り返す
  4. 契約書と端末が送られてくる
  5. 自分で開通手続きをする
  6. コンセントに繋ぐ

契約プランもシンプルで悩む必要がないですし、お店に行くことも、人と会うこともなく、自分たちだけで簡単に完結させることができます。

機器をコンセントに差すだけなので、光回線のように邪魔な配線もなければ、家中どこにでも移動できるので、どんなお部屋の雰囲気でも邪魔をすることなく、自然にwifiを使うことができるのです。

苦労せずwifiが使えるようになっていたら、彼女から尊敬の眼差しを向けられること間違いなしです。

すぐ引っ越すかもしれないから初期費用は抑えたい

少し話がズレますが、忘れてはいけないのが、光回線の場合契約から2年経たずに解約すると違約金が発生してしまいます。

さらに2年経ったらいつでも解約できるわけではなく、2年経ったその日から1~2ヶ月以内に解約しないと自動更新となり、また2年契約がスタートしてしまうという、なんとも納得のいかない構造になっています。

一方でホームルーターにはそのような縛りがなく、いつでも自分のタイミングで解約することができます。
さらに、解約に伴う撤去費用がホームルーターでは発生しませんので、次回の引っ越し時に、無駄な出費や面倒な手続きをする心配がなくなるのです。

もし、近い将来に二人が結婚や出産を経験することになったら、もっと広いお部屋に引っ越しをすることになるでしょう。

そのときに、ホームルーターならば登録してある住所を変更して次のお家にもっていくことで、すぐにまたwifiを使えるようになります。

何らかの理由でインターネットを解約することがあるかもしれませんが、そんなときでも、ホームルーターなら安心だという話でした。

ホームルーターの初期費用は契約手続き時の手数料程度です。

>>ホームルーターの料金を詳しく見る

2人分の通信だと速度制限が心配

高速通信とデータ容量無制限に関して言えば、絶対に光回線がおすすめです。
これに関しては、ホームルーターでは解決できない可能性があります。

ホームルーターは基地局からの電波を利用してお家にwifi環境をつくる仕組みから、
お家まで光ケーブルを引き込む光回線と比べると、どうしてもその安定性に欠けてしまいます。

ホームルーターの広告をみると、最大4.2Gbpsの速度などと記載がありますが、実際私達が体感できるのは、30~70Mbps程度です。

光回線で、きちんと速度対策をした場合、400Mbpsほど出るのも珍しくないので、見劣りしますが、Netflixで映画を観たり、youtubeで動画を観たり、テレビ電話やWEB会議をする分には、ホームルーターの通信品質でなんら問題ありません。

次にデータ通信容量についてですが、ホームルーターは光回線同様に無制限となっています。

短い期間に大量の通信を行った場合に速度規制がかかることがありますので、ご注意ください。

一人暮らしの時とは違い、二人分のデータ通信容量をカバーできる契約が必要となります。
一度、お互いの月々のデータ使用量を確認してみてください。

それでは、同棲するために引っ越しをするカップルにホームルーターをオススメする理由をまとめです。

  • 手続きが簡単でスペーディーに事が運ぶので、忙しい二人の時間を邪魔しない
  • 解約縛りがなく、将来を見据えた賢い契約ができる
  • 十分な通信品質のため、ふたりでたくさん、お家でエンタメを楽しめる

月額料金は、光回線とホームルーターは大体同じ金額感となっています。

工事費用がかからない分、ホームルーターのほうが初期費用をおさえられるかもしれませんが、工事費無料や〇〇円キャッシュバックなど、様々なキャンペーンによって毎月の支払いは変わってきます。

インターネットに詳しくて、光回線の開通が大変じゃない、動画の配信やオンラインゲームをたくさんする、という人には、声を大にして「絶対にホームルーターのほうが良い!」とは言えませんが、

もしインターネットの速度にそれほどこだわりがなく、SNSや動画視聴など日常的な使い方しかしないのであれば、お手軽に設置ができて、すぐに使えるホームルーターは間違いなくオススメできます。

まずは、自分たちにぴったりなお家のインターネットについて、パートナーと話をしてみてください。

ルーターを隠したい人のお悩み

お家のルーターについて、こんな風に思ったことはありませんか?

  • お家のwifi環境に必要なモデムやルーターをキレイに置きたい
  • 見えないように収納したい
  • おしゃれな機器に変えたい

収納するのにぴったりな棚を買うのも良し、インテリアに合う色や形のルーターを探すのも良しですが、もしも配線がまったくない、簡単に移動可能でスタイリッシュな、それでいて高速通信可能なwifiルーターがあったら、みなさんの悩みはなくなるでしょうか。

・・・あるんです。

2021年にdocomoから発売されたホームルーターは、黒くて高級感のあるスマートスピーカーのようなおしゃれな見た目で、コンセント以外の線が全くないのに、光回線に負けないくらい高速なwifi通信が可能なスグレモノ。

配線がないので、お家の好きなところに置くことができます。

お部屋の雰囲気を大切にしたい人に、お家インターネット新時代の、ホームルーターがおすすめな理由をお伝えします。

ごちゃごちゃした配線をなんとかしたい

ルーター周りは配線がごちゃごちゃしているので、収納で隠してしまいたいという人は多いと思います。

おしゃれな収納ボックスや壁掛けの収納ボックスなら、確かに見た目もスッキリするかもしれませんが、こんなデメリットもあります。

  • ルーターはコンセントから出ているケーブルとつなぐことが多いので、不自然な位置に棚を置くことになる
  • 配線をすべて収納しようとすると、それなりに大きい棚が必要
  • wifi電波の遮蔽物となり、通信が安定しなくなる恐れがある

広いお部屋ならよいですが、ルーターを隠すために棚を置くというのは、スペースの無駄使いのような気もします。

インターネットの契約内容によっては、モデムやルーター、光回線の終端装置(ONU)、ひかり電話やひかりTV視聴のためのホームゲートウェイなど、複数の機会がごちゃごちゃした配線でまとまっている場合もあるため、すべてをキレイに隠せて、見た目もよい理想的な収納棚を見つけることは、なかなか難しいのではないでしょうか。

「home 5G」ならどうでしょうか。

本体と電源コンセント1本だけしかないのに、これだけでwifiが使えてしまいます。
wifiは、遮蔽物のない部屋の中央に置くことで最大限安定した通信を提供することができる設計になっているのですが、片手で簡単に持ち運びできるホームルーターなら、おしゃれなインテリアとして、部屋の好きなところに置くことができるのです。

つまりホームルーターなら、隠さず飾れるということです。

もっとオシャレなルーターが欲しい

「別にホームルーターじゃなくても、もっとおしゃれでコンパクトなルーターがあるじゃないか。」
そう思った人もいるかと思います。

実はホームルーターとその他の市販のルーターでは、根本的な違いがあります。

ホームルーター

本体の購入と同時に、月額のインターネット利用契約が必要。
光回線の代わりに、スマホと同じ電波を利用して、お家でwifi接続ができるので配線が全くない。
単体でインターネットに接続できる。

その他の市販ルーター

別途契約している光回線やケーブルテレビなどのインターネット接続サービスの拡張機器として接続できる。
ルーターの手前には、モデムや光回線の終端装置(ONU)が必ず存在するため、電源の他にも配線が必要。
単体ではインターネットに接続できない。(光回線とプロバイダ契約が必要)

つまり、ホームルーターを使うためには、現在契約しているお家のインターネットサービスを解約して、新たにホームルーターとしての契約をしなくてはならないのです。

また、光回線と比べた時に、「光回線よりは速度が遅く遅延も大きい」「短期間でデータ通信しすぎると、速度制限がかかる」といったデメリットもあります。

現在のお家のインターネット環境に不満がない人や、解約手続きが面倒だという人には、ホームルーターへの乗り換えは敷居が高いように思いますが、一方で、これから、無駄な配線がないスッキリとしたwifi環境をつくりたい、という人には、設置工事が必要ない、ホームルーターという選択が最善なのではないでしょうか。

ホームルーターを契約すれば、外出先ではスマホ、家ではホームルーター、このたった2つだけで、あなたのインターネット環境が完成します。

在宅でのZOOMを使ったWEB会議やリモートワークが当たり前になった現在、これまでスマホがあれば十分としていたミニマリストのお家にも、しっかりとした固定インターネット回線は用意しておかなくてはなりません。

配線ゼロで収納する必要がなく、それ一つで高速インターネット通信を可能にする、そんなお家をスマートに見せてくれる置くだけwifiの「home 5G」は、お部屋の雰囲気を大切にする、「おしゃれ」な人や、無駄なくすっきりとしたお部屋と暮らしを追求する「ミニマリスト」の人にとって、理想的なアイテムなはずです。

テレワークやオンライン授業に対応したい社会人と学生のお悩み

コロナ渦での学生生活では、オンライン授業を容赦なく強制されることが珍しくありません。

スマホでも受けられるし、テザリングもあるから大丈夫ですか?

そんなことはありません。スマホにはデータ通信容量に制限があります。
制限を超えると、使い物にならなくなります。
だから、髙い月額料金を払って、制限がかからない契約プランに加入しているのです。

インターネット環境は、学生たちにとって決して平等なものではないということを、学校側は理解していません。

そんな自宅のインターネット環境に苦しむ学生たちには、自宅にwifiを手軽に用意できる「ホームルーター」を是非知ってもらいたいと思います。

WEBで申し込めば2~3日で機器が届くので、あとは自分で好きなところに設置するだけです。

オンライン授業のインターネットに困っている人は、是非読んでみてください。

テレワークやオンライン授業に必要なインターネット環境がわからない

テレワークやオンライン授業に必要なインターネット環境について、

  1. 通信速度
  2. 遅延
  3. データ通信容量

この3つの観点から調べていきます。

ここでは、WEBミーティングで最も広く利用されている「ZOOM」で会議やオンライン授業をした場合について触れていきます、

ZOOMでオンライン授業をする場合、上り下り10~15Mbpsの速度がでていれば、カクついたり音声が途切れたりすることはありません。

上り・・・アップロード時の速度(こちらの映像や音声を相手(ZOOMのサーバー)に送信する速度)
下り・・・ダウンロード時の速度(相手の映像や音声をZOOMサーバーから受信する速度)
10Mbps・・・1秒間に10MBのデータを送受信できるということ

みなさんが普段使用しているスマホの「4G」回線の速度が、一般的に75Mbps〜100Mbpsをなっているため、

速度からみれば、スマホで全く問題なくオンライン授業ができるということになります。

テザリングをすると、速度は70~80%ほどになりますが、それでも問題ない範囲です。

次に、インターネットを快適に利用するには、速度と同じくらい「遅延」が大切な要素となっています。
遅延は応答速度やタイムラグと言い換えることができて、ping値という数値で表されます。
ping値は小さければ小さいほど応答速度が速い、タイムラグが少ないということになります。

遠い国や宇宙と生中継しているニュースを観たことがありますか?

大勢が参加するZOOMで遅延が大きい(ping値が大きい)と、それに近い状態となり、スムーズな会話ができなくなってしまいます。

ZOOMにおいてping値は50ms以下が好ましいと言われていますが、それは会社の会議や打ち合わせにおいての話であり、オンライン授業では基本的に教授の話を聞いている時間が長いため、例えタイムラグがあろうとも致命的にはならないはずです。

ping値については、それほど気にする必要はないでしょう。

そして、オンライン授業をすべてZOOMのビデオ通話で行った場合、10分間で100MBが目安となりますので、90分の講義で900MB、1日に3つの講義をオンラインで受けたとして、2,700MB(2.7GB)のデータ通信量となります。

もしそれをスマホを補うとしたら、授業の他に、SNSやyoutubeを利用する人は、1日で3GBを軽く超えてしまうでしょう。
1ヶ月で90GBは必要になります。docomoの大容量プランでも60GBを超えると速度制限となるので、一般的に90GBは使いすぎのレベルです。

どのキャリアだとしても、スマホの契約プランを無制限にしていないと、速度制限でオンライン授業を満足に受けられなくなってしまうので注意が必要です。

外出先でも使えるモバイルルーターにしようか迷っている

オンライン授業には、以下の条件が必要であるとわかりました。

  • 上り下り10~15Mbpsの通信速度
  • 50ms以下のping値
  • 1日3GB、ひと月90GBのデータ通信容量

それでは、どのようなサービスが最も適しているのかを調べていきましょう。

最も安定して高速な通信ができる光回線の特徴を次のようにまとめてみました。

最大通信速度1Gbps
遅延(ping値)15~30ms
データ通信容量無制限
利用開始までの時間2週間以上
月額料金契約内容による(3,500円~6,000円)
光回線の特徴
メリットデメリット
速度が速い利用開始まで時間がかかる
安定して途切れない工事が必要
どれだけ使っても完全無制限利用できない建物がある
建物の条件によって金額やパフォーマンスが違うので調べることが多い
光回線のメリットとデメリット

光回線は、最大1Gbpsの超高速インターネットであり、安定して遅延も少なく、通信品質を見れば、オンライン授業をするためだけには、オーバースペックだと言えるでしょう。

データ通信容量が無制限なので、これが他のインターネットサービスより圧倒的に優れている点です。
その反面、光ケーブルの引き込みや機器設置のために工事が必要となるので、非常に手間がかかり、申込みから利用開始できるまで、かなりの時間を要してしまいます。

つまり、とてもめんどくさいのです。

それでは、モバイルルーターはどうでしょうか?

外出先でも利用できるモバイルルーターの利用者が激増しています。在宅勤務や、それこそオンライン授業が大きく影響しているとみられます。果たしてそれが正解なのか、特徴をみてみましょう。

最大通信速度150Mbps~4.2Gbps
遅延(ping値)40~55ms
データ通信容量実質無制限もあり
利用開始までの時間1~3日
月額料金契約内容による(2,000円~4,000円)
モバイルルーターの特徴
メリットデメリット
持ち運びできる端末が多すぎる
すぐに利用できる契約プランが多くてわかりにくい
月額料金が安い電波がはいりづらい
速度規制が厳しい
モバイルルーターのメリットとデメリット

持ち運びもできて、高速通信ができるモバイルルーターは、一見オンライン授業に適しているように思いますが、オススメ出来ない理由が2つあります。それは、電波が安定しないことと、速度制限があることです。

モバイルルーターは、基地局からの電波を利用してスマホやPCとの間にwifi環境を構築します。
モバイルルーターは持ち運びをするため小型となっていて、内臓のアンテナも当然小さくなってしまいます。

基地局からの電波をキャッチするためのアンテナ、スマホやPCに電波をとばすためのアンテナが小さいため、通信が安定せず、授業の映像や音声が途切れてしまう可能性が比較的高くなっています。

また、無制限という売り文句を使っていますが、実際は3日で〇〇ギガ以上使ったらダメだとか、繋がりにくい電波は無制限で、繋がりやすい電波はひと月で〇〇ギガ以上使えない、のような制限がある場合があります。

なので慎重に契約しないといけないのですが・・・、

モバイルルーターは利用者が激増していることもあり、たくさんの会社が事業参入し、数え切れないほどの商品が販売されていますので、結局どれが良いのかわからず、めんどくさくなってしまいます。

詐欺に近いようなキャンペーンを実施している代理店もありますので、一際注意が必要なインターネットサービスとなっています。

最後に、ホームルーターならどうでしょうか。

ホームルーターは、簡単に言えば持ち運びできないモバイルルーターです。
サイズがモバイルルーターより大きいので安定した通信ができるのが特徴です。

最大通信速度2.4Gbps~4.2Gbps
遅延(ping値)40~55ms
データ通信容量実質無制限もあり
利用開始までの時間1~3日
月額料金契約内容による(4,000円~6,000円)
ホームルーターの特徴
メリットデメリット
工事が必要ない速度規制がある
光回線並の通信品質
データ通信容量無制限
ホームルーターのメリットとデメリット

ホームルーターは光回線には劣るものの、高速で安定した通信をすることができるため、オンライン授業にはオーバースペックなのですが、光回線のように面倒な工事や手続きが必要ないため、そのコストパフォーマンスは光回線を大きく上回ります。

データ通信容量は基本的に無制限ですが、モバイルルーターのように◯日で◯ギガまでのような速度規制を示唆する注意書きが全てのキャリアから発表されているので、オンライン授業には少し不安な面も・・・、

しかしdocomoのホームルーターを選べば、速度規制がかかりにくいという結果がでています。
※2022年2月時点の話で、今後速度規制が厳しくなる可能性があります。

まとめると、通信品質や通信容量を重視するのであれば、圧倒的に光回線がオススメです。

しかし今回はテレワークやオンライン授業に適したインターネット回線のご紹介となりますので、光回線には劣るものの、十分な通信品質を持っていて、モバイルルーターより速度規制がかかりにくくて、契約プランも単純で、WEBから簡単に取り寄せられる手軽さから、「ホームルーター」こそオンライン授業に適した最強のインターネット回線だと判断しました。

急いでオンライン授業のためのインターネット回線を用意しなくてはいけないという人は、是非参考にしてみてください。

これから引っ越しを予定している全ての人達の悩み

インターネットの引っ越しがとにかくめんどくさい!!

そんな人達は、コチラの記事を参考に新しいインターネットサービスを検討してみてはいかがでしょうか?

>>光回線の引っ越し手続きがめんどくさい人にオススメの最新wifiルーター

まとめ

様々な悩みに対して、なんでもかんでもホームルーターが最適解だとは思いません。

しかし、ホームルーターの最大の強みである、工事不要という手軽さが、たくさんの人の悩みを解決してくれると、私は信じています。

お家の光回線がモバイル通信に切り替わるその時は、必ずやってきます。

ホームルーターはその歴史を切り開く、偉大な通信端末なのです。

なの・・・です。なれるかな?
みなさん、是非ホームルーターを使ってみて、感想やら問題点を送ってください。

お待ちしてます。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

J:COMで6年間技術職として勤務。500件以上のサービス設置工事と大規模通信設備の管理を担う。現在はKDDI関連会社で情報システム担当。面倒なNET開通にホームルーターが終止符を打つことを信じて当サイトの運営をはじめる。

目次
閉じる